RSS Feed

‘ウッドデッキの基本’ Category

  1. ウッドデッキのネジ止めと床板張り

    6月 15, 2018 by author

    ウッドデッキをDIYする場合、設計図に合わせて材木をカットします。
    そしてこのカットした材木を組み立てる必要がありますが、この組み立てる時に注意が必要です。

    ウッドデッキの材木は、耐久性を考慮してハードウッドを選ぶ事になると思います。
    ハードウッドは硬く加工しにくい材木です。
    電動ノコギリを使用すれば、カットする事は可能ですが、材木が硬すぎて組み立ての際にネジがつけられない。
    そんな人もいるかもしれません。

    なのでハードウッドの材木で、ウッドデッキを組み立てる時のネジ止めのポイントを紹介します。
    まず組み立ての際にも必要な工具を揃える事が重要です。

    カットの時に手動ノコギリでは、硬すぎて上手くカット出来ないという問題は、電動ノコギリを使用する事で解決する事が可能です。

    それと同じように、穴あけやネジ止めをする時に、手動だと硬すぎて上手く出来ません。
    そのため電動ドライバーと電動ドリルを用意して下さい。
    工具を2台購入する必要はなく、1台でドライバーとドリルの2役をこなしてくれる電動インパクトドライバーがオススメです。

    そして電動ドライバーと電動ドリルを使用しても、処理なしではネジの頭が潰れてしまうなど、なかなか上手くネジ止め出来ません。
    そのため失敗しないポイントとして、先に下穴を開けて処理しておきましょう。
    下穴を開けておくと、ネジ止めがスムーズに行えるようになります。

    電動ドライバーは、ネジの頭と同じサイズのものを選びます。
    そして真上からドライバーを当てて、慎重に止めるとキレイな仕上がりになります。
    電動ドライバーなので、力を入れる必要はありません。

    むしろ力を入れてしまうと、ネジ穴が広がってしまいネジ穴の用途を果たさなかったり、材木にヒビが入ってしまうので注意しましょう。

    ウッドデッキの床板は、長さが足りずに長い板と短い板を組み合わせる方法は、素人には難しいと言えます。
    なので端から端まで1枚の板で足りる長さの板を購入して下さい。

    床板はネジで固定をしますが、床板と床板をピッタリくっつけるのではなく、3~5mm程度スキマをあけます。
    このスキマがないと、表面に水が溜まりやすくなり、それが原因で床板が腐りやすくなります。

    ですがスキマを逆に広く開けすぎると、今度はそのスキマに足を引っ掛けて転んでしまったり、床板のスキマにモノを落としてしまうリスクが高まります。なのでスキマは、3~5mm程度がベストだと言えます。

    床板の作業が完成したら、ウッドデッキのDIYは完成となります。
    素人では難しいと思うかもしれませんが、必要な道具を揃え、正しい作業工程で行えば、決して難しい作業ではありません。


  2. ウッドデッキの材木をカットするポイント

    6月 10, 2018 by author

    ウッドデッキをDIYする場合、土台作りが完了したら、次は材木をカットします。
    ウッドデッキに使用する材木は、耐久性を考慮して、ハードウッドと呼ばれる非常に硬く加工しにくい材木です。
    DIYする場合は、ハードウッドの中では加工しやすい「セランガンバツ」などがオススメです。

    しかしそれでも通常の材木と比べると、硬くて加工しづらいので、カットする上でのポイントを紹介します。
    まずハードウッドをカットするのに、手動のノコギリではなく電動ノコギリを使用して下さい。
    電動ノコギリは使用した経験がないから、使用するのは不安、手動の方が安心と思っている人もいるかもしれません。

    ですがハードウッドをカットする場合は、むしろ手動の方が不安です。
    あまりに硬く加工しづらいため手動では超難関な作業で、労力も時間も無駄にかかってしまいます。
    それなら電動でカットした方が安全ですし、簡単だと言えます。

    あとカットした後に、切断面をなめらかにする電動のサンダーも用意しておきましょう。
    材木のカットは、目測でカットしてはいけません。
    設計図で材木の長さを決めているはずです。

    長さがズレてしまうと、ウッドデッキがキレイに仕上がりません。
    なので材木をカットしたい長さの箇所に、鉛筆で線を引きます。
    材木に厚みがある場合は、材木の4面すべてに線を引いておくと、キレイにカットする事が出来ます。

    線引きが終わったら、いよいよカットに入ります。
    電動ノコギリの電源を入れる際の注意点は、カットする部分に電動ノコギリをセッティングしてから電源を入れるのではありません。
    そうすると電源を入れた振動で手元が狂う可能性があります。

    なので材木から離した状態で電動ノコギリの電源を入れて、振動に慣れたら材木のカットする部分に合わせてカットしていきましょう。
    電動ノコギリで、ハードウッドをカットすると、木の粉が大量に出るので木の粉が鼻や目に入らないように、マスクやアイグラスを着用すると安全です。
    あと木の粉で線が見えなくなったら、木の粉を払い線に沿ってカットしていく事がポイントです。

    細かいと思われるかもしれませんが、ウッドデッキは数ミリズレただけでも、仕上がりが大きく異なります。
    そのため長さが揃うように、ミリ単位のズレが出ないように丁寧な作業を心掛けて下さい。

    ウッドデッキのDIYは、自宅の庭で行う事になります。
    そのため電動ノコギリを使用する時には、近くに子供やペットがいない状態で安全を確認した上で使用して下さい。
    電動ノコギリは切断威力が高いですが、操作を覚えたら素人でも安全に扱える便利な工具なので、DIYで大活躍してくれるでしょう。


  3. ウッドデッキの設計図と必要な工具

    5月 29, 2018 by author

    普段からDIYが好きだったり、手先が器用な人であれば、ウッドデッキは自分で作る事が出来ます。
    耐用年数や強度という点では、プロが作ったウッドデッキには劣ります。
    ですが自分で作る楽しさや、自分で作ったからこその愛着、そして張り替えなども自分で作ったものなら簡単に行う事が可能です。

    それに自分で作ると、予算を大幅にコスト削減する事が可能です。
    施行業者に選んで、予算の都合上耐久性の低い材木を使用するぐらいなら、自分で作って材木だけは耐久性が高いモノを選んだ方がいいかもしれません。

    なので自分でウッドデッキを作る場合、どのような工具が必要となるのか、紹介していきます。
    まず材木をカットするための、ノコギリが必要です。
    ウッドデッキの材木に最適なハードウッドは、非常に硬い材木なので、電動ノコギリではないとカット出来ません。

    そして電気ノコギリでカットした材木を、なめらかにするために電動サンダーも必要です。
    ただし材木のカットに関しては、先に設計図を作り、サイズをはかっておけば、材木を購入する際に、カットしてもらう事は可能です。お店によってカット代がかかるところもあれば、無料でカットのサービスをしてくれるところもあります。カットしてもらうだけでも、作業効率はかなりアップします。

    カットした材木は、組み立ていきます。
    ハードウッドの場合は、ドライバーも電動でなければ、なかなかビスが通りません。
    インパクトドライバーなら、ドライバーでもドリルでも付け替え可能なので1台で2役働いてくれるのであると便利です。

    ウッドデッキを設置するのは、庭やベランダなどの、屋外ですから、屋外で電気ノコギリや電気ドライバーを利用できるように、電源の確保が必要です。
    電源の確保には、ドラム式のコードリールが使い勝手がいいのでオススメです。

    基本的にどれも特別な工具ではないので、DIYを普段からしている家庭では所有しているかもしれません。
    ですが今回が大掛かりなDIYは初めてという場合は、工具と材木を全て購入した価格を事前に割り出しておきましょう。

    ウッドデッキに必要な工具を揃える前に、ウッドデッキの設計図を先に作成した方がいいかもしれません。
    設計図があると、材料の試算もある程度出来ますし、組み立ての不具合も発見する事が出来るからです。

    関東エリアでウッドデッキを専門に製作から設置まで行う業者ではこちらが施工実績も多く、用途に合わせたものが作れて人気です。ワールドフォレストのウェブサイト

    設計図は、最初にウッドデッキを設置する場所を決めて、その場所の測量を行います。
    ウッドデッキの幅と奥行き、高さを決めて、平面図を描いていきます。

    そして平面図は寸法の10分の1~20分の1のサイズで書くと分かりやすくなります。
    平面図に測量した数字をメモします。

    土台となる束柱、床板を支える根太も平面図に寸法を書き込みます。
    ウッドデッキの設計図は、書籍やネットでも掲載されているので、それを参考にしながら、寸法を決めるといいでしょう。

    平面図が完成したら、次は透視図です。
    透視図とは立体的に描かれた図面の事です。透視図を描く事でより具体的なイメージが固まってきます。